Q.O.V代表の小山です。

最近は、歯列矯正やインプラントなど、矯正歯科や審美歯科に通っている方が増えたような気がします。これは、口元まで気を使うような美意識の高い方が多くなったということなのでしょう。

私の周りでも、矯正や審美に通おうかと悩んでいる人が、何人かいますからね…。

矯正やインプラントの注意点

美容整体の観点から、矯正やインプラントを行う際、もしくは行なった後に注意していただきたい点があります。

ご存知の通り、矯正やインプラントは多少なりとも骨格に変化を起こすことになり、その結果として噛み合わせが変化してしまうことがあります。そこで、噛み合わせが変化した際に起こりやすい2つの症例について、話をさせてください。

1.顎に痛み(顎関節症)が出る可能性

噛み合わせが変化することで、顎の関節だけでなく、顔から首すじ、さらには肩や胸の筋肉の使い方が変わってしまいます。

その結果として、顎の痛みが出てくる可能性があります。

顎の痛みは、顎が原因になるだけでなく、胸や肩、首筋などの筋肉が緊張状態になり、その筋肉のコリが顎まで影響することがあります。ですので、顎が痛いというだけで歯科検診などを受けても、原因がわからない場合があります。

2.顔の形が変わる可能性

もう1つは、噛み合わせの変化でお顔をはじめとした筋肉の使い方、使う部位が変化します。

そのため、今まで使っていなかったところを使うようになって筋肉がついてしまったり、逆に使われてくなって筋肉が落ちてしまうことで、お顔の形が変化してしまうことがあります。

顎の筋肉は、いわゆるエラの部分に当たります。そのため、「エラが張ってきた」とか「片方のエラだけ目立つようになった」のような状況が起こり得ます。

おまけ:肩こりや腰痛との関係

今回のテーマは、歯というすごく小さな骨の話です。歯並びなど見た目としてはほんの小さな変化ですが、体の内側にとってはとても大きな変化ですので、肩や、骨盤などにまで影響を及ぼす可能性があります。

顎関節症で歯科検診もしたことがありましたし、マッサージへ行ってみたり、色々やってみましたが治りませんでした。
(中略)
初回の施術で、あれだけ良くならなかった顎の痛みが消え、問題が全身の筋肉や姿勢も関連していることを知りました。
(以下省略)

この方は、顎の痛みが消えないので当店にお越しいただきましたが、矯正や審美に通っている方は、噛み合わせの変化からのこのような症状が出てきてしまう可能性がありますので、ご注意ください。

症状が出る前にお越しください

矯正や審美歯科を受診している方は、症状が出る前に当店の小顔・骨盤パーフェクトコースを併せてご利用いただくことをおすすめいたします。こちらのコースでは骨盤・背骨に加えて頭蓋骨の骨格調整も行なっております。

もし、歯並びは綺麗になったけど、噛み合わせ等の変化で体に異変を感じているという方は、初めての方限定コースがありますので、当店にお越しになり、担当スタッフにお気軽にご相談ください。

初めての方限定コースの内容を確認する